草木咲くや ピンクラビット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンクラビットここまでか?

ピンクラビット20

2013年12月9日撮影


ピンクラビット、

もう開けないのか、ここ数日姿を変えない。

明日は雨らしいので切ってきた。

前より色が薄くて、中の花弁が小さい。


一緒に挿した芳純の巨大輪が際立つ。

スポンサーサイト

初冬のピンクラビット

ピンクラビット18

2013年11月28日撮影


ピンクラビット、11月初旬以来の花を開いた。

花が大きくなって直径8cmほど、

色も濃くなり花弁も増えて、ずっと綺麗に咲いた。


花だけ見ると今時珍しくない形と色、

特徴は何?

と改めて考えると、たぶん可愛らしい樹姿だと思う。

公称は樹高60cm、きっとそんなものだろうと思う。

小鉢で何年も、機嫌よく過ごしてくれそうな雰囲気がある。


ピンクラビット19


ピンクラビット15

2013年11月20日撮影


咲いてみるとそれほどの差はなかったが、

蕾の時は前回よりずいぶん色が濃かった。


ピンクラビット

ピンクラビット13

2013年11月5日撮影

今日は更に開いて、そろそろ満開かな。

花弁が少なめに咲いたけど、十分綺麗です。


注文する時はシャリファアスマと被ると思ったけど、

木姿も含めてだいぶ印象の違う薔薇でした。


届いて暫くは動きが無くて気をもんだけど、

結局は丈夫な薔薇で全然病気にならない。

後続の蕾は現在3個、花付きも良い。

さて花持ちはどうかな?


11月7日朝追記

あぁ~あ、もう散っちゃった。


ピンクラビット14


ピンクラビット開いてきた

ピンクラビット09

2013年11月4日撮影

だいぶ開いてきた、もう少し。


ピンクラビット08



ホコリタケみたいで面白いので昨日の写真も貼っちゃう。
つつくと桃色の胞子が飛び出てきそうでしょ?

ピンクラビット11

2013年11月3日撮影


ピンクラビット10


ゆっくりとたしかに歩む

ピンクラビット07

2013年11月1日撮影

桃兎 悔いて見習う 亀の足

ピンクラビットの名前が呼び覚ますさまざまな風景、

記憶の一番奥底から浮かび上がってきたのは、

皮を剥かれて赤裸で泣く因幡の白兎。

それは亀に負けて泣く兎の姿に重なる。

悔い改め、一跳ね一跳ね、確実に足を進める兎に

ゆっくりと育つこの薔薇の姿が重なった。

そこまで考えて名前を付けたとしたら、

大和ばら園は深いなぁ。

え?とんだ勘違い?小さくて柔らかい赤ちゃん兎だって?

そう言えば、今日の蕾はてっぺんにつぶらな瞳を開いてた。


蕾が現れて一月近く、ようやく開くようだよ。


ピンクラビット01

2013年10月7日撮影

ピンクラビット02.5

2013年10月19日撮影

ピンクラビット03

2013年10月22日撮影

ピンクラビット04

2013年10月28日撮影

ピンクラビット05

2013年10月31日撮影

ピンクラビット06

2013年11月1日撮影





タグ:俳句
プロフィール

かぼちゃ

Author:かぼちゃ
東京の
小さな庭に
草木咲く

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。