草木咲くや たまより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨のたまより

たまより11
2015年6月19日撮影

連日降ったり止んだり。

意外にも雨に強いたまより。

花弁が小さくて間を区切る感覚はないけど、

しっかり芯を隠してそれなりに良い姿。


たまより10
2015年6月8日撮影

別の花の咲き始め。

スポンサーサイト

再会

たまより09
2015年6月5日撮影

初代たまよりは一昨年の初夏に新苗で購入、

秋から薫り高い花を楽しませてくれたが、昨年の春に枯れ死。

一年経ち、

やはりたまよりに会いたく、二代目を注文した。

届いたたまよりは2年もしくは3年の立派な株、

ちょうど一番花が額割れしたところだった。

一昨年の秋に比べればいくらか赤味を感じるが、

やっぱり青い。

青薔薇らしい強い香りは変わらず。


たまより

たまより07

2013年11月11日撮影


切ってから・・・

確か3日目、褪色の進んだたまよりです。


香りはまだ結構強いし、何より花弁がしっかり立っている。

花芯はあからさまではなく、

椀みたいに開く昔のHTとはまるで違う。

花びらが空間を次々と区切っていく小気味良さ。

これはからころもを見て感じたことだが、

やはりたまよりにも感じる。




たまより08

たまよりと思い出

たまより06

2013年11月7日撮影

上思い出、下たまより、

たまよりは開き切った姿が綺麗、それに強香。

でも思い出は青い。


たまより

たまより01

2013年11月5日撮影

一昨日はからころもを眺めながらあれこれ考え、

うずめの良さも判った気がして、気分はすっかり寺西菊雄ファン。

たまよりも寺西さんの薔薇なんですが、

これ買ったのは8月で、特に意識はしてませんでした。

少し前に買ったターンブルーと思い出が酷い状態で、

とにかく高耐病性の青薔薇が欲しかった。

後は名前、ノバーリスなんかも候補になったけど、

ドイツ文学じゃあ琴線には触れませぬ。

届いた当時のたまよりも割り箸状の新苗で

お世辞にも良いとは言えなかったけど、

高耐病性の謳い文句に偽りはなくて、

一枚も葉を落とすことなくめでたく秋の開花となりました。



たまより03

2013年11月3日撮影

咲き始めの印象がなにか違うと思いましたが、

改めて見ると弁裏の色が濃いんです。

僅かに茶色が混じっているように見えます。

表の色はというと、


たまより04

2013年11月3日撮影

左たまより、右思い出です。

思い出より赤味はありますが、色ははっきりしています。

綺麗な藤色です。


たまより05

2013年11月5日撮影

弁数少なめだけど、新苗の秋花だし、まだ実力は判りません。

プロフィール

かぼちゃ

Author:かぼちゃ
東京の
小さな庭に
草木咲く

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。