草木咲くや 2014年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか出た

Baptisa01
2014年5月29日撮影

酷い題名だなぁ、

でもこれ見た時の素直な感想なんだよね。

AGSの配布種子は発芽しないことが圧倒的に多くて、

これはその仕組みを知ればやむを得ないとも思うけど、

ともかく逆に芽が出るとちょっとした驚きがある。

で、この鉢の札を見ると、

Arisaema griffithii、 Baptisia australis とある。

場所の都合で2種類播いたんだね。

Arisaema は単子葉だから、

これはBaptisia australis だ!

さて、それでは栽培方法を調べるかな、

という我ながら恐るべき泥縄。


スポンサーサイト

割り切る

枝枯01
2014年5月29日撮影

萎れた枝先に気づいて枝元を見ると既に真っ黒。

切り口と関係なく枝の途中からいきなり腐り始めるって、

普通の枝枯れ病と違うのではないかと思う。

4月に流行った病気とおそらく同じ、まだ続いてる。

この症状とその対策を少し調べると・・・

バラの奴隷じゃあるまいし、家での根絶は難しそう。

4月は弱いとされる青バラが真っ先に感染してほぼ壊滅、

一方で春先から一貫して元気、

早くも二番花の蕾をずらりと並べている強健種を眺めると

この病気への耐性も品種によって大きな差があるようだ。

結局割り切ることになりそう、

この病気にかかるバラは家では育てない。


ベルエポック開いた

ベルエポック01
2014年5月27日撮影

ベルエポックが綺麗に咲いた。

いくらかエグ味のあるこの配色、好みだ。

表裏、色が逆ながらチガーヌ(Tzigane 1951)を思い出した。

これも手元で咲かせたいのだけど、

Helpmefindによるとうどん粉に感染しやすい、

とのことなのでやめた。

ベルエポックは高耐病性とのことなので期待してる。

泉さんから買った挿し木苗だけど、

シュートが土の中から出てくる姿が新鮮に見える。

今日は咲き進んで、弁裏がいくらか薄くなった。


ベルエポック02

ハウステンボス一番花終了

ハウステンボス04
2014年5月16日撮影

ハウステンボスの花が終わって、昨日剪定をした。

写真は11日前の撮影。

房で咲くので咲きそろった写真をと狙っていたが、

二つ咲くと先のひとつはもう汚れている。

結局思うような写真は撮れなかった。

荒れた天気が多かったせいもあるけど、

なんだか花が弱い。

秋の花は弱さを感じなかったし、

もっと大きく、形も良かった。

蕾キター!

実生バラ03
2014年5月24日撮影

春に種をまいた薔薇に蕾が出た。

本葉を広げた直後からうどん粉が出て、

暫くすると何故か葉がなくなり、(_ _|||)

?と思っていたら尺取虫がいた、

そんな逆境にもめげず蕾を出してきた。

この蕾はさすがに摘むけど、

樹勢と四季咲き性の強さに感心した。

こんなのは一本だけ、後はジリ貧状態なので、

やっぱり特別な一本なんだろね。

本業の育種家は今頃花見て選別してるんだろうけど、

真似ごとの種まきもそれなりに面白い。

それにひとつはっきりした、

うどん粉耐性の高い薔薇から種採らないと

家ではまともに育たない、と。


プロフィール

かぼちゃ

Author:かぼちゃ
東京の
小さな庭に
草木咲く

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。