草木咲くや ベルベットフレグランス
FC2ブログ

ベルベットフレグランス

ベルベット・フラグランス01

2013年9月23日撮影

剣弁高芯と思っていたら獅子咲きで盛り上がってきました。
薔薇用語だとこれはクォーターロゼットと呼ぶのかな?
暑さで整わなかっただけかもしれませんが、
いずれにせよ好きな形です。


ベルベット・フラグランス02

こっちは翌日咲いた別の花、これも乱れて咲き進みました。

香りも強いです。
なにせ、親がディープシークレットとドルフポルケとのことなので
楽しみにしてましたが、期待どおりの香りでした。


強香の赤薔薇としてフラムと一緒に購入したので
なにかと比較してしまいますが、
香りは少し負けてる、でも赤薔薇としは色の純度で勝ってる。
フラムの赤は少し甘いんですね。
こちらは両親の間を取って黒にも寄らず朱にも寄らず、
ど真ん中の赤。
でもまぁ、秋の初めに1回咲かせただけの初心者の感想ですが。

作出者はイギリスのフライヤー氏とのこと。
イングリッシュローズ=オースチンという
日本での等式に違和感を抱いていた私としては、
他にもいるんじゃない、イギリスの育種家は、
と胸のつかえが下りた気分でした。。


薔薇の世界ではfragranceをカタカナ書きする時、
フレグランスとするのが一般的らしい、
最近気が付きました。
ベルベットフラグランスが普通じゃない?
と感じていましたが、薔薇の名前となると
ベルベットフレグランスになる、と気付きました。











スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かぼちゃ

Author:かぼちゃ
東京の
小さな庭に
草木咲く

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR