草木咲くや ゆっくりとたしかに歩む
FC2ブログ

ゆっくりとたしかに歩む

ピンクラビット07

2013年11月1日撮影

桃兎 悔いて見習う 亀の足

ピンクラビットの名前が呼び覚ますさまざまな風景、

記憶の一番奥底から浮かび上がってきたのは、

皮を剥かれて赤裸で泣く因幡の白兎。

それは亀に負けて泣く兎の姿に重なる。

悔い改め、一跳ね一跳ね、確実に足を進める兎に

ゆっくりと育つこの薔薇の姿が重なった。

そこまで考えて名前を付けたとしたら、

大和ばら園は深いなぁ。

え?とんだ勘違い?小さくて柔らかい赤ちゃん兎だって?

そう言えば、今日の蕾はてっぺんにつぶらな瞳を開いてた。


蕾が現れて一月近く、ようやく開くようだよ。


ピンクラビット01

2013年10月7日撮影

ピンクラビット02.5

2013年10月19日撮影

ピンクラビット03

2013年10月22日撮影

ピンクラビット04

2013年10月28日撮影

ピンクラビット05

2013年10月31日撮影

ピンクラビット06

2013年11月1日撮影





タグ:俳句
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

あら~、「皮を剥かれて赤裸で泣く因幡の白兎。」はかわいそうよ~。(≧m≦)ぷっ!

かわいらしく咲き始めてるじゃないのぉ~。
低温にさらされてピンクも幾分濃くなってるのかしら?
家の桃兎はかぼちゃさんのお写真で言うと
10月22日撮影のと28日撮影とのちょうど中間くらいかな~。
まだまだ先が長そうね。
ゆっくり開花の桃兎ちゃん、これからがいよいよ開花本番・・・楽しみだね。

Re: No title

家は初めての花だけど、少し濃くなってるのかな?
淡いけど鮮やか、いい色です。

ドルシュキさんの桃兎もだいぶ進んでるんですね。
もうすぐ色がはっきりするでしょう?
もっとも桃兎は「すぐ」が長いのだけど。
でも、長く楽しめるよね。

プロフィール

かぼちゃ

Author:かぼちゃ
東京の
小さな庭に
草木咲く

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR